数社の金融業から借金をしていますが、債務整理を考えています

質問

30代のOLです。数社の金融業から借金をしています。
しかし、支払いが困難なため、債務整理を考えています。
費用を抑えてできる方法を友人に相談したところ、「特定調停」を勧められました。「特定調停」とはどんな方法なのでしょうか?

答え

特定調停とは

そのような状況であれば、債務整理の費用も出来るだけ抑えたいと考えるのは当然の事でしょう。

特定調停とは、簡単に言えば、裁判所を利用した任意整理です。
裁判所といっても、いわゆる「裁判」ではなく、当事者間での話し合いを目指すもので、調停委員が間に入って調整を進めていきます。
費用はかなり安くできますが、多重債務者本人が裁判所に出向かなければなりません。

方法は、借金を利息制限法に基づいて再計算し、元本のみを3年間で返済していきます。

特定調停のメリット

では、特定調停のメリット、デメリットをあげてみましょう。

まず、メリットです。
・申立の通知により、取り立てが止まる。
・他の債務整理に比べ、弁護士等に依頼する事がないので、費用が安く出来る
・調停委員が間に入るので、債権者と直接話し合わなくてよい。
・和解成立後、無利息で元本のみの返済でよい。
・債権者を選んで整理できるので、車や家を手放さずに済む。

特定調停のデメリット

次にデメリットです。
・返済が2回連続で滞った場合、強制執行となる。
・過払い金である事がわかっても、過払い金が返還されない。
・ブラックリストに載る。
・数年間、新たな借金やクレジットカードを作れない。

大事なのは、「特定調停をどうやって申し立てるか」という事ではなく、「どういう手段で借金の整理をしたら良いか」なのです。
ケースによっては、借金の額が大して減らないという場合もあるのです。
特定調停が自分にあった方法なのかよく考えなくてはなりません。

フィード