ローンを組んだ自宅を維持したまま、債務整理したいのですが…

質問

5年前に念願の家を買い、ローンを組みました。
ところがその後、ボーナスがカットされてしまいました。
銀行のカードローンもあり、これ以上返済できません。
でも、どうしても家を手放したくないのですが、良い方法はありませんか?

答え

小規模個人再生手続き

憧れのマイホームを手に入れたのに、手放したくはないですよね。
自宅を維持したまま借金を整理したいという場合は、「個人再生手続き」の利用が考えられます。
これは、住宅ローンは今まで通り払い、それ以外の借金については認可された再生計画に従って原則3年、例外的に5年までの期間、分割返済を行なうというものです。

この個人再生には小規模個人再生手続きと給与所得者再生手続きの2種類があります。

小規模個人再生手続き
・支払い不能に陥る恐れがある人
・継続して反復して収入が見込める個人
・住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下であること

給与所得者再生手続き

給与所得者再生手続き
・小規模個人再生手続きの利用条件を満たす者の中でも、給与等の変動幅が少ない安定した収入が見込める人
現在は個人再生の申立をする人のほとんどが、小規模個人再生手続きです。

個人再生は万能ではありません。
最大の難点は、住宅ローンの元本と利息を1円たりとも減額できない事です。
できるのは、支払いの延長、猶予だけです。
住宅ローンの残額が少ない人でないと、返済は苦しくなりかもしれません。

住宅に、住宅ローンを申し込んだ金融機関の抵当権や住宅ローンの保証会社の抵当権が設定されている場合、住宅ローン特則を利用することが出来ます。
編成額を減額するものではありませんが、住宅ローンの変更を認めてもらうことで、住宅を失わずにすみます。
10年までの期間延長が可能ですが、70歳までに返し終わる必要があります。

フィード